日立市で肩こり・腰痛を整体でしっかり改善したいあなたへ

日立みなみ整体院


代表 プロフィール

ご挨拶

profile_catch1.png
 
・検査では異常がないと言われたけれど、痛みが取れない・・。
・忙しくて、肩こり・腰痛になってしまった身体をしっかりと改善していきたい!


そんな皆様の為に、日立みなみ整体院では、お話しをよく聞き、その方にあったプランをしっかり立て施術いたします。

皆様がお仕事・家事・趣味などにより良く打ち込める様、お役に立てればとの思いで頑張っております。

このホームページを通じて、少しでも多くの方に日立みなみ整体院を知って頂き、辛い症状を改善するお手伝いができましたら幸いです。
日立みなみ整体院 代表 佐々木規行

認定・経歴

nintei.JPG 【資格】
・日本カイロプラクティック医学協会認定カイロプラクター
・介護福祉士

【経歴】
大川カイロプラクティック専門学校 卒
筋膜グリッピングスクール 卒

大川カイロプラクティック専門学院付属の整体院勤務(りらっくすステーション院長を含む)兼 同学院技術インストラクターを経て、日立みなみ整体院を開業し、現在に至る。

 


◎代表プロフィール 

名前 佐々木 規行
生年月日 昭和50年3月1日
出身地
茨城県日立市(地元です!)
実家は食料品店【佐々木商店】を営んでおりました。
血液型 B型

ニックネーム
ささ
趣味
レース観戦(乗るのはあまりうまくないと友人が言っていました・・・。)
特技
茨城弁なら誰にも負けないみたいです。
休日の過ごし方 妻・娘とショッピングなど
好きな食べ物 寿司(これが第1位)・ステーキ・しゃぶしゃぶ
好きな動物
好むTV番組
NHKのプロジェクトXが大好きでした。(皆様も是非)
本も集めて今でも読んでいます!!
好きな街 日立市
宝物 日立みなみ整体院・家族・昔集めたF1関連グッズ(1987-1994年もの)
好きな偉人 三国志の諸葛孔明
気になるもの 美味しい食事が出来るところ・車・犬
尊敬する人
三国志の諸葛孔明
(またかいと言わないでください。)
目標
寿司と仕事と家庭の両立
(この三つは人生で欠かせません。

日立みなみ整体院開業までの道のり 


jimusyokujidai.JPG私は子供の頃から、どちらかといえば静かな方でした。
初めて就職した時は事務職に就きました。
自分の性格にあった職種と言えば事務職かなというのが理由でした。

ただ、実際に初めてみると、意外に合わない・・?

じゃあ自分にあっていることは何??仕事とはどういうものなのか?
ということになり、仕事について悩み続ける様になりました。



私の転機について

hon.JPG私は事務職から転職し、介護老人保健施設で介護福祉士をしていました。
そこで、介護をしながら施設利用者のリハビリのお手伝いなどもしていました。

リハビリというものが、私には、とても前向き感じていたので、介護福祉士の資格を取った時、老人保健施設(リハビリなどをしながら入所やデイサービスなど行う所)は自分の中で行きたい施設NO.1でした。長い人生は出来る限り前向きが良いと思ったからです。

しかし、施設でリハビリのお手伝いなどをしているうちに、同じように辛い方の生活の質の向上のお手伝い&独立も出来たら良いなと漠然と考えるようになりました。

その頃、今の仕事を始めるきっかけとなる、専門学校の本に出会いました。


中でも目を惹いたのは、カイロプラクティック

kairosyoukai.JPG

専門学校の本を見た時に、カイロプラクティックという職業が載っていました。

背骨・骨盤などを調整することで皆様のお身体を良くしていき、症状を改善することで前向きな生活が送れるようお手伝いが出来る&独立開業できる!

といった点にも魅力を感じ、気がついたら資料請求をしていました。

ただ、話しベタの自分が大丈夫なのかな・・という気持ちもあり、しばらく悩む期間がありました・・。

一度きりの人生だし、思い切ってやってみよう!!とのことで、その後、大川カイロプラクティック専門学院に入学しました。
gakuin2 (2).JPGgakuin2 (1).JPG

学校では実技・勉強など大変でしたが、頑張っている所が認めて頂けたのか?専門学校の直営店のスタッフに誘われ採用となりました。

その直営店で、後に院長に昇格し経験を積ませて頂きました。色々と大変でしたが、お客様の為のお店作りという意味では良い経験を積ませて頂き、同時に、院長と兼任して学院インストラクターも務め、大事な事を伝えるという経験も積ませて頂きました。

今となっては、良い思い出です。


その後、満を持して、地元日立市で日立みなみ整体院を開業、現在に至ります。

今、思い起こせば就職したての頃、自分がこの様な仕事につくとは思いもよりませんでしたが、毎日とても充実しています。

これからも皆様のお役に立てるように頑張りますので、よろしくお願い致します。 


最後にどのような考えで整体をしているかを皆様に知って頂いた方が良いと思いますので、少し長文になりますが、書いておきました。
最後までお付き合い頂けると幸いです。

当店の手技の思いについて
 
開業した頃、私は筋肉の深部にアプローチするトリガーポイント療法を施術の中心として整体をしていました。
 
私が重視することの一つに安全性というものがあります。
今の整体院を見ていると、背骨をボキボキしない安全な整体というのを良く見かけますが、自分の整体院もそうでした。
 
しかし、筋肉調整+背骨の調整の所を、筋肉の調整だけにしてしまえば安全性を保てても、効果は薄くなってしまいます。そこが悩み所でした。そこでどうするか?ですが、悩んだ結果、行きついたのが筋肉の表面にある筋膜のアプローチでした。
 
今でこそ、テレビや書店などで、良く筋膜について取り上げられますが、自分が筋膜にたどり着いた頃は、あまり今の様には注目されていませんでした。
 
体を整体しようとしたら、背骨か筋肉になりますし、背骨のボキボキをなしで、ということでしたら、筋肉をいかに活用してアプローチしていくかになると思います。
 
筋肉の深部は修行先でトリガーポイント療法を身に着けていましたので、さらに筋肉を活用して施術効果を高め、背骨のボキボキを抜きで、ボキボキをやった以上の効果を、どの様に出すかになると、筋肉の表面(筋膜)を研究し使いこなして、筋肉の浅部(筋膜)と深部(トリガーポイント)を両方使いこなすことにより、筋肉を最大限にアプローチ出来、背骨ボキボキをしなくても十分効果を出せるようにと考えたのです。
 
筋膜について調べているうちに、あまり取り上げられていなくても実はとても重要だという認識を深めました。
 
具体的にアクションを起こすことが大事です。
筋膜の手技を専門に教えている専門機関を探して行ってみると、そこは学校というよりは塾といった感じでした。

そこの先生は日本では筋膜整体の第一人者だろうと思われる方ですが、その方が教えている所でさえ結構な少人数制で、まだ始めたばっかりとのことだったのです。マニアックですね!
茨城県で、自分以外で筋膜整体を教わりに来た方はと聞いてみると、『茨城県では君が初めてだね。』と言われました。
 
大分、めずらしい話ですが、不思議と迷いはありませんでした。
この塾には筋膜整体を身に着けるため、かなり何回も通いました。
そして、筋膜整体の良い所・今まで行ってきたトリガーポイント療法の良い所を熟慮して組み合わせたのが、当店の手技となっています。
 
 
以前、TVのNHKプロフェッショナル仕事の流儀という番組でスーパー経営者の話が放送されていました。

自分はその方の話にとても感銘を受けたので、今でも録画していた物を、繰り返し見ていたりします。

どの話に感銘を受けたかと言えば、『良いものは、良い』自分の評価を周囲の意見で曲げない事という所でした。その目利きの覚悟がなければ仕事は出来ない と言った所です。
 
業種は違いますが、整体業にも同じことが言えると自分は思っています。
でも、とても難しいことだとは思うんですけどね・・。
 
筋膜に特化した整体を取り入れた頃は、まだ筋膜について今の様に注目されていませんでしたが、体を安全にかつ効果的に歪みを取れる!来て下さる方に提供するには、これは絶対良いと思い、それでも行動に移しました。
 
それからしばらく後に、筋膜についてTVや本などで大分取り上げられるようになった時、『良いものは、良い』自分の評価を周囲の意見で曲げない事ということは、こういうことなのかと確信しました。
 
体の歪みで不調になった時、いろいろなアプローチ法がありますが、今は目立ってなく、埋もれていても実は良い療法というものが、まだあります。
 
人が注目している注目していないではなく、体の事を考えた場合、良い物なのかどうかを流されず自分の考えで熟慮し、その答えを見つけ熟成させ来て下さる方々に提供していきます。それが自分の仕事の軸です。
 
まだ、私の手技の考えには続きがあって、日々進化させるために改良に励んでいます。
是非、皆様に受けに来て頂けたらと思います。皆様のご来店、心よりお待ちしています。

店長 佐々木



seitaiin.JPG

日立みなみ整体院のご案内

住      所:
〒319-1222 茨城県日立市久慈町6-15-15
アクセス:
日立南営業所行バス『久慈中学校入口』から徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
0294-33-6102
受付時間:
平 日10:00~20:00
土日・祝日10:00~17:00
定休日:
不定休(月ごとにお休みをお知らせ致します。)
詳しくはお知らせをご覧下さい。

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ